関連記事

1on1ミーティングが嫌いと感じる方必見!最適な解決策をご紹介

2022年11月29日
2022年11月30日
「1on1ミーティングが嫌い」「1on1ミーティングが苦手」

と感じている方もいるのではないでしょうか。

1on1ミーティングはまだ新しい施策のため、知識が体系的にまとまってはいません。

しかし、1on1ミーティングは組織の生産性向上やエンゲージメントを高めるための施策として有効です。

そのため、マネージャーとメンバーが嫌いと感じる原因に対して適切な解決策をだして行動する必要があります。

この記事では、1on1ミーティングが嫌になる原因に対する解決策をご紹介します。

適切な1on1ミーティングの方法を知り、価値のあるものにしていきましょう。

1on1ミーティングが嫌いと感じる理由3選

1on1ミーティングはマネージャーとメンバーの1対1で対話するため、コミュニケーションに課題が生じて、1on1ミーティングが苦手になるケースも少なくありません。

特に年齢が離れているメンバーに対して、にコミュニケーションをどのように取るかに悩みを抱えているマネージャーが多いようです。

マネージャーが1on1ミーティングを嫌いになる理由は下記の3つです。

  • メンバーとコミュニケーションを取ることが難しいため
  • メンバーと何を話せばよいか分からずに気まずいため
  • 1on1ミーティングの効果が得られずやる意味を見出せないため

メンバーとコミュニケーションを取ることが難しいため

1on1ミーティングで、マネージャーが対話をする相手はさまざまです。

部署やチームによっては、マネージャーと年齢が離れているメンバーと1on1ミーティングをすることもあります。

年齢が離れているメンバーとは特に価値観が違い共感が生まれにくいことが、コミュニケーションを難しくしている要因と考えられます。

また近年は在宅ワークなどで直接コミュニケーションを取る機会が減り、メンバーとの関係性が築きにくくなったこともコミュニケーションを難しくしている要因です。

年齢が離れているメンバーとは好奇心を持って接することがポイントです。

また1on1ミーティング以外でも、メンバーとの交流をするように心がけ、関係性を深められれば、コミュニケーションの問題解決に近づくでしょう。

メンバーと何を話せばよいかわからずに気まずいため

メンバーと何を話せばよいかわからないときに気まずくなるのは理解できます。

しかし、メンバーと話すことがなくて困るのには原因があるのです。

メンバーと話すことがない事態になる原因に準備不足があげられます。

マネージャーだけでなく、メンバーの準備が不足していても上記の事態は起こりえます。

1on1ミーティングの前に、議題や話すことがないと言われたときの対策を考えておくことがポイントです

1on1ミーティングの効果が得られずやる意味を見出せない

1on1ミーティングは即効性のある施策ではありません。

1人ひとりの業務の遂行効率を向上させ組織全体を改善するには、長い時間が必要だからです。

そのため1on1ミーティングを実施する際は、長期的な視点で効果を検証するとよいです。

また効果が出ているのか検証が難しいと感じる場合は、1on1ミーティングツールを導入して、効果を測定することをオススメします。

たとえ効果が低いと診断されても、原因を分析し、改善してくことで徐々に1on1ミーティングの効果を高められるでしょう。

1on1ミーティングに対する苦手意識の改善方法

1on1ミーティングはコミュニケーションの問題から苦手意識が生じやすいと説明しました。

コミュニケーションの問題を解決し、1on1ミーティングに対する苦手意識を改善する方法を紹介します。

1on1ミーティングに対する苦手意識を改善する方法
  • 普段から積極的にメンバーとコミュニケーションをとる
  • メンバーとの共通点がある話題を探して話す
  • メンバーの話を受け入れる

普段から積極的にメンバーとコミュニケーションをとる

昨今ではメンバーと直接話す機会が減っているため、積極的にコミュニケーションを取るのは難しいと感じるかもしれません。

しかし、コミュニケーションの問題はコミュニケーションでしか解決できないため、アクションを増やすことが課題解決の鍵です。

マネージャーがメンバーとコミュニケーションを取るためのアクションプランを3つ紹介します。

メンバーとコミュニケーションを取るためのアクションプラン
  • 朝会・夕会を実施する
  • 社内イベントやレクリエーションを行う
  • チームで出社日を設定する

朝会や夕会を実施して、仕事のことだけでなく個人的なトピックを共有できるとメンバーの理解も深まります。

朝会・夕会を使ってチーム全員で改めて自己紹介をすることも有効です。

さらに社内イベントなどを行うことで、メンバーの意外な一面を発見できコミュニケーションのきっかけを作れます。

また出社日を設定して、チームのメンバーと定期的に会えれば、コミニュケーションの機会が生まれ、関係性も構築しやすくなるでしょう。

メンバーとの共通点がある話題を探して話す

先ほどのメンバーとコミュニケーションを取るためのアクションプランを実施しメンバーとのコミュニケーションを通じて、共通の盛り上がれる話題を見つけて話をしてみましょう。

共通点があると感じると親近感を覚え、より話しやすくなるからです。

共通点を見つけるには、日頃からメンバーに関心を持ち観察することがポイントです。

また相手の話す速度やトーンなどに合わせるテクニックを活用すると、メンバーが無意識に共通点があると感じて、心を開きやすくなります。

メンバーの話を受け入れる

メンバーとのコミュニケーション機会を自ら作ったり、共通点を話題にしたりと工夫しても、話を受け入れてくれないマネージャーだとしたら、メンバーは話したいと思わないでしょう。

メンバーが話したいと思わなければ、コミュニケーションに問題が生じ1on1ミーティングの効果が薄くなってしまいます。

メンバーの話を遮らず、最後まで話を聞いて、対話を進めることが重要です。

「自分の話を受け入れてもらえる」「マネージャーに話してよかった」と思ってもらえるようにメンバーの話や考えを受け入れましょう。

1on1ミーティングで必要な心構え

1on1ミーティングに必要な心構えを下記の3要素から解説します。

  • マインド面
  • スキル面
  • オペレーション面

それぞれくわしく説明します。

マインド面

1on1ミーティングはメンバーのための時間であるというマインドを持って臨みましょう。

マネージャーは話したいことが多いかもしれません。

しかし、マネージャーばかり話していては、メンバーの成長につながりにくいです。

目の前のメンバーがどうしたら成長できるかを考え、議題を消化することが大切です。

また1on1ミーティングはメンバーのための時間という認識を徹底することで、対話の言動や態度・姿勢に現れます。

その姿勢などがメンバーを前向きにさせ、1on1ミーティングの効果高めるのです。

スキル面

1on1ミーティングを充実させるにはマネージャーの1on1ミーティングスキルが鍵になります
マネージャーの1on1ミーティングスキルが不足していると、メンバーから話を聞いてメンバーに気づきを与え成長を促せないからです。

つまりマネージャーのスキルがメンバーの成長度に影響するといえます。

1on1ミーティングのスキルを磨き続ける意識を持ち、マネージャーも成長することは1on1ミーティングの効果を上げるうえで重要な要素です。

また1on1ミーティングで必要なスキルは以下の3つです。

  • コーチングスキル
  • ティーチングスキル
  • フィードバックスキル

1on1ミーティングスキルの詳細や磨き方について気になる方は、以下の記事をご覧ください。
1on1ミーティングで必要なスキルとは?スキルの磨き方もご紹介

オペレーション面

オペレーション面で重要な心構えは、一定したオペレーションがされているか常に振り返る意識を持つことです。

1on1ミーティングは定期的に行うことで効果を発揮するマネジメント手法です。

そのため、安定して1on1ミーティングを行う必要があります。

安定して1on1ミーティングを行うにはスケジュール通りに実施できているかを常に振り返りましょう。

もし予定通りに実施できていない場合、業務時間や予定の組み方などを修正するとよいです。

まとめ|1on1ミーティングが嫌いと感じる原因を分析し対策しよう

いかがだったでしょうか?

1on1ミーティングを嫌い・苦手と感じているとしたら、どこかに原因があるはずです。

主に1on1ミーティングを嫌いになる原因はコミュニケーションにあります。

コミュニケーションに問題がある場合は、まずは内省して自身のメンバーに対する言動や対応を見直しましょう。

た1on1ミーティングの苦手意識を改善する方法は以下の3つがあげられます。

  • 普段から積極的にメンバーとコミュニケーションをとる
  • メンバーとの共通点がある話題を探して話す
  • メンバーの話を受け入れる

これら3つのポイントを意識しつつ、普段からのコミュニケーションがメンバーとの関係性を深めることで、1on1ミーティングの質をより高められます。

資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550